読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドクミー!

世の中のいろんなものを毒味程度につまみ食い

妊婦のためのサプリメント

毎日の健康管理、していますか?健康管理って、日々の積み重ね。普通に生活していたら、体も正常であるはず。しかし、自分で管理できない時もありますよね。たとえば、持病を持っていたり。あるいは女性なら、妊娠中であったり。 特に、妊婦さんの健康管理。…

マカはホルモン補充の観点から、不妊に悩む女性の救世主

不妊。本やネットで調べると、色々な情報があります。一番いいのは、病院に行くことって書いてありますよね。 ただ、婦人科系の病院って、検査も治療も、体の場所の関係上、なんとなく最後の砦のような気もします。病院に行く前に、自分なりに体調を整えたり…

不妊治療専門病院の選び方 10個のポイント

夫婦で話し合い不妊治療を受けてみることにしたら、次は病院選びです。 最近は、不妊治療をおこなっている病院も増加傾向にあり、総合病院・大学病院や不妊治療専門病院だけではなく個人の産婦人科にも不妊外来を設けているところもあります。 不妊治療にお…

不妊治療の費用はいくら?保険と自費により違いあります。特定不妊治療助成金も活用しよう。

不妊治療はしたいけれど、どのくらい費用がかかるのかがとても不安になりませんか。 一般的な不妊治療は保険診療ができますが、高度生殖医療に関しては保険適応外となってしまうため実費診療となってしまい高額費用になってしまいます。 また、不妊治療をし…

不妊治療期間の心の悩み

不妊治療をすすめるうえで精神的面にもかなりの負担がかかってきます。 早期に妊娠することができればよいのですが、長期になればなるほど精神的にもきついものがあります。 例えば、「赤ちゃんをつくらないの?早く作りなさい」、「子供がいないから楽ね~…

不妊症 漢方や東洋医学との関係

不妊治療と言えば西洋医学の不妊治療が一般的ですが、不妊の原因が検査をしてもいまひとつ不明で、不妊治療(「人工授精」、「体外受精」、「顕微授精」)をしていても思った結果がでず、長期にわたってしまっている方も多いのではないでしょうか。 不妊治療…

男性の不妊症と不妊治療

男性も検査の結果にて原因が特定されれば不妊治療ができます。 男性の不妊症の大半が「造精機能障害(無精子症・精子奇形症・精子無力症・精子減少症・乏精子症)」原因の場合は薬物療法をはじめとして、「人工授精」、「体外受精」または「顕微鏡授精」とい…

女性の不妊症と不妊治療

不妊検査も終わり原因が定まったところで不妊治療に入ります。 不妊治療はさまざまな方法がありかつ医療金額もかなり高いものがあるためどこまで治療するか、どの治療方法をやるかはじめに主治医と相談しほうがいいと思います。 さて、不妊治療をするにあた…

不妊症の検査とチェック(男性編)

女性の不妊検査はかなりの数の検査がありますが男性の場合は一般的な主たる不妊検査の数は女性ほどありません。 また、女性側に原因が認められない場合に男性側の不妊検査をすることが多いです。 精液不妊検査(精子の濃度や量、奇形率や運動量など基本的な…

不妊症の検査とチェック(女性編)

不妊治療に欠かせないのが不妊検査です。 女性の場合、さまざまな不妊検査があります。問診のような不妊検査から痛みを伴う不妊検査まで、いろいろな不妊検査があります。 通年を通して自宅で基礎体温を測り基礎体温表をつけるのは基本となります。 基礎体温…

どうして赤ちゃんができない?不妊症の原因はひとつではありません!

どうして赤ちゃんができないのか? その原因はいったいどこにあるのか?不妊の原因は女性または男性にもあり、いくつかの検査を順に受け原因を探していきます。 女性の場合の原因は大きく分けて4つあり、「排卵障害」妊娠するためには排卵することが絶対です…

不妊症は病気なの?不妊治療は夫婦で協力し合うことが一番大切です

少子化問題などで、不妊症という言葉がよく聞かれることがありますがごぞんじでしょうか? また、不妊症で実際にお悩みの人も少なくないのでは。 不妊の問題はなかなか夫婦の間でも相談しずらく、ましてや身内や友人などにも相談することに抵抗があり、孤独…