読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドクミー!

世の中のいろんなものを毒味程度につまみ食い

親子で夢中になる絵本=冒険!発見!大迷路シリーズ=

育児・教育

 

冒険!発見!大迷路既11巻

冒険!発見!大迷路既11巻

 

 

 『冒険!発見!大迷路』シリーズは、大迷路・ミニ迷路・かくし絵・さがし絵・なぞが複合的に盛り込まれたアドベンチャー満載の子供から大人まで楽しめて創造的な大迷路絵本です。


迷路の本として販売されいぇいるものとは一味も二味も違う魅力的な絵本です。

子供が3歳の時に一作目である『冒険!発見!大迷路 海賊アドベンチャー』と出会い、家族でこの面白さにはまりました。

今までの迷路系の絵本とは大きく違うのは、各ステージのイラストは生き生きとした動きがあり活気を感じられる仕上がり、登場するキャラクターのデザインがとってもかわいくて魅力的。

そして、目的が決まっていてストーリーがしっかり作られており、その中に自分も登場人物の一人として活躍することができます。

大迷路の中には重要なアイテムやかくし絵が書き込まれているため、大迷路やミニ迷路を通り抜けるだけでは冒険はすみません。
だから、何度も遊ぶことが可能な大迷路絵本です。さらに、年齢とともに面白さが増えていきます。

 


3歳のころは大迷路やさがすだけでしたが5歳になるころには問題の文章を読むことができ理解することが自然にできるようになりました。

ひらがな、カタカナはもとより漢字も文章にはでてきます。ふり仮名があるもの、ないものがありますが、何度も読んでいる間に覚えることができるようになり、遊びながら言葉を読むこと問題文を理解する能力も身につけることができます。

そして、現在ではシリーズ6冊まで販売されています。
我が家も気づいたら誕生日やクリスマスのプレゼントにフル活用し、今では6冊本棚にならんでいます。

6冊とも子供たちが興味のわく世界をテーマにしているからどれも魅力的です。
新作が出るたびに新しい魅力が盛り込まれているのも子供たちの好奇心をつかんでいるのではないでしょうか。

あなたの子供はどんな世界に興味がありますか。
6冊の中から選んでみてください。

最後に『冒険!発見!大迷路』シリーズは大人がチャレンジしても夢中になってしまう面白さがあり、是非、親子でいっしょに楽しんでみてください。

<全シリーズ紹介>

■冒険!発見!大迷路 海賊アドベンチャー  2008年12月(第1刷)

海賊の国をスタートにグレイト海賊団の船長になって初代海賊王が残した財宝が眠る宝島に宝さがしの冒険に旅立つストーリー。
海賊の国→デルジャーロ海→秘密の通路→人魚の国→巨大昆虫の島→アイスランド→天空の島→ブリザード海→砂漠の神殿→宝島→宝の洞窟
というように各ステージを冒険して宝をさがし、最後の最後になぞが。さらにおまけの宝さがしまで用意されている海賊アドベンチャー。


■冒険!発見!大迷路 大魔王の復活     2009年 4月(第1刷)

悪の大魔王が500年前の封印を破り復活してしまった。美しい国であるハートフルランドを支配しようとしている大魔王を各地に散らばっている13人の勇者を集めて全員の力でたおすストーリー。
旅立ちの村デュパ→バース城→迷いの森→水上都市ザボン→水晶の洞窟→アンデッド墓場→モンスターパーティー→天空の遺跡→火山の洞窟→魔王城の決戦→機械じかけの城→時の迷宮
にたどりつき大魔王と決着。しかし新たなるなぞが。今回のシリーズから内容にそったカード付、モンスターをさがす勇者の冒険モンスターカードを使った問題が加わり、最後におまけの宝さがしを解くアドベンチャー。


■冒険!発見!大迷路 宇宙大冒険      2009年10月(第1刷)

今度の舞台は大銀河系がある宇宙、12人の極悪エイリアンが宇宙刑務所から脱獄!宇宙パトロール隊の隊長になって仲間といっしょに捕まえ任務完了させるストーリー。
宇宙へ!(コスモ星)→銀河をこえて→クレーター星→ジャングルドーム→ロケット墓場(ガスーラ星)→宇宙ステーション→ステーションロビー→氷の惑星→巨大生物の星→宇宙戦争→バイオ惑星ノーメ→決戦!ノーメマザー
さまざまな星をめぐり12人の極悪エイリアンを捕まえ宇宙の平和を守る。任務完了するが新たな任務を言いわたされる。さらにいろいろな星のエイリアンをさがすための宇宙で発見エイリアンカード。最後におまけの宝さがしもあるよ。


■冒険!発見!大迷路 妖怪忍法帖      2010年 4月(第1刷)

大和の国を守るかすみ谷十人衆は妖術つかいの幻妖斎ひきいるおぼろ忍群をたおすための7つの宝玉をさがし平和の城下町にもどすために戦う忍者合戦ストーリー。
忍びの里→竹林宿の大妖怪→カッパ池の大ガマ→恐怖!海の大妖怪→古寺の大ダヌキ→おそわれた大仏殿→大ドクロ峠→鬼の鍾乳洞→竜神の滝→おぼろ忍法!百鬼夜行→潜入!妖怪城→天守閣の大決戦
悪いやつらなおぼろ忍群たちや妖怪たちですが魅力的。平和な城下町に戻すにはたおさなければなりません。最後にさがしてみつけて妖怪忍法帖絵札が解けるか。修行をするためのおまけの宝さがしでもっと強くなってね。


■冒険!発見!大迷路 恐竜王国の秘宝    2010年11月(第1刷)

ロスト博士からの手紙によると恐竜王国を発見した。9人の探検家たちがロスト博士の落し物を探しながら恐竜王国をみつけるのですが悪の考古学者とスパイが邪魔をするストーリーになっているため簡単にはいかないアドベンチャー。
旅たちの港→太古の湖→古代魚のむれ→地底へ!→うしなわれた神殿→恐竜王国→巨城デカント→恐竜サーカス→ヘルバレーの恐竜軍団→海をこえて!→プテラノ島の秘密→秘宝の番人
ロスト博士を探し出し恐竜王国の秘宝を悪人から守りきることができるか。さらに、ラストメッセージが残されていたり、冒険の記録カードを完成させたりと最後まで面白さが満載です。もちろん、おまけの宝さがしもあるよ。


■冒険!発見!大迷路 スコルピオンの秘密基地 2011年 6月(第1刷)

世界征服を秘密基地でたくらんでいるスコルピオンから世界の平和を守るためにたちあがったはやぶさレスキュー隊が繰り広げる冒険のストーリー。
はやぶさ号発進!→地図にない島→恐怖の大たつまき→海底の怪ロボット→なぞの海底基地→秘密結社スコルピオン→空飛ぶ!甲虫軍団→サンドラ砂漠の秘密→遺跡の神殿→鋼鉄の魔人→宇宙からの侵略者→戦え!ロボロボ魔神
今回は初の仕掛けであるスコルピオン語を解読するための『解読の書』もついてさらに面白さがグレードアップ。もちろん冒険カードやおまけの宝さがしもあるよ。