読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドクミー!

世の中のいろんなものを毒味程度につまみ食い

不妊症 漢方や東洋医学との関係

f:id:binboo:20160921172956j:plain

不妊治療と言えば西洋医学の不妊治療が一般的ですが、不妊の原因が検査をしてもいまひとつ不明で、不妊治療(「人工授精」、「体外受精」、「顕微授精」)をしていても思った結果がでず、長期にわたってしまっている方も多いのではないでしょうか。

不妊治療は、西洋医学の不妊治療だけではなく東洋医学の対処法で体質改善をすることで妊娠しやすい体質にする対処法などさまざまな対処法があります。

東洋医学での不妊治療と言えば、まずは体質改善からはじまります。

そのために体質を知るための細かな問診をおこない、現状あなたの体が置かれている状態を把握し、改善するための漢方を調合し、生活習慣、食事療法などの指導もおこなわれトータル的に対処してくれます。

東洋医学も漢方を飲んだからと言ってすぐに改善されるといった魔法的なものではありません。

ここでもコツコツとこなしていくしかありません。しかし体質改善をすることで、不妊症だけではなく、体全体の体調も改善されれてきます。

ここで重要なのが、やはり東洋医学に関しても男性の体質改善をしていただくことがポイントです。

男性の場合も体質改善をすることで、元気な精子の数が増え妊娠する確立が高まり。

東洋医学はあくまでも悪いところを直接切ったり治すものではないため原因によって西洋医学で治療しなければ対応できない場合や?原因がみあたらない時など東洋医学で対処するか?両立していくか相談していただきたいです。

この他にも、東洋医学には針治療や灸などの対処法などもあり不妊症に効果があるとされ利用されている方も多いそうです。

また、東洋医学ではないのですが、ハーブなども不妊症の対処法としてかなり知られています。

東洋医学などの漢方薬やハーブなどいろいろな種類が販売されていますが、専門家のいる薬局や病院などで受診されるのをおすすめします。