読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドクミー!

世の中のいろんなものを毒味程度につまみ食い

どうして私ばかりが蚊に狙われるのかしら!?今年こそ蚊に勝つ方法

くらし

f:id:binboo:20160815230657j:plain

夏の風物詩のひとつである蚊ですが、悩まされている人は多いはずではないでしょうか。

そこで、蚊に刺されないようにするにはどうしたらよいか。徹底的に撃退する方法をまとめてみました。

攻略法1:敵のことを知ろう。

調べてみてはじめて知ったのですがびっくりしました。

蚊の主食はなんと他の昆虫と同じように花の蜜や果物の汁でした。

では、蚊はどうして人の血を吸うのか、妊娠したメスの蚊だけは栄養補給のために人間の血を吸っていたのです。

どのように、人間の血を探しているか、人間が呼吸をするときに出す二酸化炭素で人間のいどころをメスの蚊は百発百中の精度で感知することができる機能を持っているからです。

その他にも汗に含まれている乳酸の臭いや体温が高くなると上昇気流ができ蚊に気づかれてしまいます。

また、蚊の複眼は低反射率の黒などの暗い色系に反応しやすく、O型の血液の赤血球の表面を覆っている花の蜜に似た物質をかぎわけることができます。

 

攻略法2:科学的に証明された二酸化炭素・体温・汗・O型・暗めの服の条件に合う人が見つけられやすく刺されやすい。

これらの条件を聞いて人間はすべての人が呼吸をするので刺されてしまうのは避けられませんが、そのような中からさらに刺されやすい人とは。

お酒を飲む人(アルコールを分解するときに多く二酸化炭素を排出するため)

O型の人(花の蜜に似た物質で赤血球が覆われているため)

お風呂あがり(体温があがっているため)

暗い服を着ている人(黒などの色に反応しやすく実験では10倍の蚊に刺された結果もある)

赤ちゃん(平熱の体温が高く汗の量も多いため)

乳酸の量の多い汗をかく人(汗に含まれる乳酸に反応するため)

攻略法3:いざ、対決!!

蚊にはタイプがあり、住宅地に多いイエカは午前中から午後2時ぐらいまでは家の物陰や天井に近い高い場所でお昼ねをしているため動きが鈍くなるためそっと近づけば撃退することができます。

その反対に、ヒトスジシマカ(ヤブカ・背に白い筋があるもの)は夜間行動停止し明るいうちに行動します。

このように室内にいる蚊だけではなく、蚊の発生そのものを撃退することも大切ですが発生そのものをたつのも効果的。

ボウフラ(蚊の幼虫)は水たまりに発生するため家のまわり(10~30mの範囲)にある水がたまりそうな場所などをチェックしてボウフラが育たないように水たまりを作らないようにします。

さらに罠を仕掛けるのもひとつの手段、一箇所だけ水たまりを作り、その場所に産卵させ1週間に1度蚊になる前に水を捨ててしまいます。

攻略法4:市販の蚊の対策商品。

近年、市販の蚊の対策商品がいろいろ出ているかと思いますがそれらを利用する場合、CMなどでこれ効きそうとついつい買ってしまいあまり効果がないと感じたことありませんか。

蚊の生態、あなたがおかれている条件・環境を把握して、適切に市販の蚊の対策商品を購入すると良いでしょう。

今年こそは、蚊に刺されないように勝利したいものです。